全1170文字
PR

 テレワークによる開発では「通信環境」の壁が立ちはだかる。

 オフィスであればメンバー全員が同じ通信環境で作業できる。だがテレワークでは通信環境が1人ひとり異なる。なかには自宅のネットワーク環境が不安定なメンバーもいるものだ。十分とはいえない通信環境が開発生産性を下げる原因になる。

 「リモート開発に全面移行してから2週間はツール選定で試行錯誤が続いた」。富士通の金融システム事業本部に所属する富永崇之氏は在宅勤務に変更した2020年4月初旬の状況をこう振り返る。富永氏らのチームは金融機関と共同でWebフロントエンドシステムをアジャイルで開発している。

 富永氏らのプロジェクトチームは従来、オフィスで密接にコミュニケーションを取りながら開発を進めていた。ITエンジニアが2人1組となって1人が書いたプログラムコードをもう1人がチェックする「ペアプログラミング」を採用し、それが機能していた。

 だがコロナ禍で2020年4月初旬から在宅勤務に移行し、チームメンバー10人はいきなりリモート開発を強いられた。

 チームはリモート開発への移行に伴い、Zoomを導入した。Zoomは画面共有の機能を持つ。コーディング時に画面を共有すれば、テレワーク環境でもペアプログラミングが可能だ。

 ところがZoomの画面共有を用いたところ、「メンバーによってはコードを入力してからペアプログラミングの相手の画面に反映されるまでに遅延が生じた」(富永氏)。遅延がひどい場合、ペアプログラミングをする2人が同じ箇所を同時に修正しようとして作業効率が落ちることさえあったという。