(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

2020年春以降、在宅勤務を含むテレワークを多くの企業が緊急導入した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑え込むためだ。だが緊急事態宣言解除後も感染は拡大、在宅勤務も当面は継続を強いられそうだ。在宅勤務の弊害を解消し、長期的な業務生産性を高めるため「緊急策」から「恒久策」への転換が求められている。先進企業は既に恒久化を見据え、ITや社内制度を整備していた。感染第2波が懸念される今、企業にどのような対応が求められるのか。ウィズコロナ、アフターコロナ時代の在宅勤務を展望する。