(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

デジタル庁は2023年度以降、霞が関の各府省庁に対して新しいクラウド基盤である「ガバメントクラウド」の原則利用を求める。一方、各府省庁は現場からのニーズに迫られ、個別にクラウド活用を進めている。政府関連機関の中には今後の政府クラウド活用で参考にできるほどに進んだ事例も出てきている。足並みがそろっているようでそろっていない霞が関のクラウド活用。デジタル庁は制御できるだろうか。現場の課題と先進事例などを追った。