全3746文字
PR

DXを推進する上で「内製力」の強化は欠かせないピースの1つだ。外部委託に比べて開発スピードを格段に上げられ、ノウハウを蓄積できる。セブン&アイ・ホールディングスとSGホールディングスの取り組みに迫る。

セブン&アイ・ホールディングス
エンジニア160人を採用 EC配送の変革狙う

 「セブンイレブン事業を核としたグローバル成長戦略と、テクノロジーの積極活用を通じて流通革新を主導する世界トップクラスのグローバル流通グループを目指す」。セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長は2021年7月1日に開かれた中期経営計画(2021~2025年)説明会の場で、自社の将来像をこう力強く語った。

セブン&アイ・ホールディングスの米谷修執行役員グループDXソリューション本部長
セブン&アイ・ホールディングスの米谷修執行役員グループDXソリューション本部長
[画像のクリックで拡大表示]
図 セブン&アイ・ホールディングスのIT部門の変化
図 セブン&アイ・ホールディングスのIT部門の変化
エンジニアを大量採用し内製化に注力
[画像のクリックで拡大表示]

 DX銘柄に初選出されたセブン&アイ・ホールディングスは、ここ数年でシステム開発の内製化に大きく舵(かじ)を切った企業の1社だ。2019年10月にITエンジニア専用の採用チームを立ち上げ、2021年6月までに「約160人のIT/DX人材を中途採用した」(セブン&アイ・ホールディングス)。ITエンジニアゼロの状態から着々と内製力を身に付けてきた。

 「ITやDXを自社の競争優位の重要施策と位置付けるなら、それを外注するという選択肢はあり得ない」。セブン&アイ・ホールディングスの米谷修執行役員グループDXソリューション本部長は内製化に力を注ぐ理由をこう語る。