(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

日本を狙った標的型攻撃は年々高度化する一方であり、従来の対策でユーザーやデータを守り切るのは不可能になった。そんななか、先進的な企業や過去に「痛い目に遭った」企業が、攻撃の検知と感染後の対応に軸足を置くセキュリティー対策、「EDR(エンドポイントの検知と対応)」へ移行し始めている。端末の振る舞いをAI(人工知能)が常時監視することで、端末に忍び込んだマルウエアの悪事を封じ込める。今日も日本企業が標的型攻撃の被害に遭っている。クライアントセキュリティー対策の見直しが急務だ。