PR

 サッカーワールドカップロシア大会で優勝したフランスが、「起業大国」という新たな称号を得つつある。2018年の米技術見本市「CES」にはフランス発のスタートアップ300社が出展。本腰を入れてからわずか5年で飛躍した要因を探る。

 パリの中心部からクルマで東に10分。「ガラス張りの巨大な体育館」と形容できそうな建物が姿を現した。総面積3万4000平方メートルとサッカーコート5面分以上ある世界最大規模のインキュベーション施設「STATIONF」である。スタートアップ企業、ベンチャーキャピタル(VC)、そしてオープンイノベーションを求める大企業を1つの「箱船」に集め、パリの地にミニ・シリコンバレーを作り出した。

取り壊す予定だった旧駅舎を改造し、スタートアップを支援するインキュベーション施設として再生させた
取り壊す予定だった旧駅舎を改造し、スタートアップを支援するインキュベーション施設として再生させた
[画像のクリックで拡大表示]

 STATION Fは、フランスの新興通信企業で財を成し、無償のプログラミング学校「42」の創始者としても知られるザヴィエ・ニエル氏が私財を投じ、旧駅舎を改造して建設。2017年6月に運用を始めた。

[画像のクリックで拡大表示]

 発足後の1年間で入居したスタートアップ企業は延べ1034社。入居を希望した1万1271社のうち入居できた割合は9%という狭き門だ。フランスのほか米国、英国、中国などからも入居の応募があった。事業分野は多い順に法人向けSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)、AI(人工知能)関連、消費者向けアプリ、EC(電子商取引)、モビリティなどである。既に232社が資金調達に成功し、8社は大手企業に買収されてエグジットに成功した。例えば「42」出身者が創業しSTATIONFに入居するチャットボット開発のリキャストAIは、2018年1月に欧州SAPが買収した。

 入居企業の技術者など約5000人がレジデント(入居者)として施設を使う。24時間営業でシャワー完備。オフィスや会議室、セミナースペースのほか、ハードウエア企業向けに工作室も備える。

旧駅舎を改造し巨大スペース確保
旧駅舎を改造し巨大スペース確保
[画像のクリックで拡大表示]
ハードウエア試作設備を備える
ハードウエア試作設備を備える
[画像のクリックで拡大表示]
AWSなどパートナー企業によるプログラム専用スペース
AWSなどパートナー企業によるプログラム専用スペース
[画像のクリックで拡大表示]
シースルーのミーティングルーム
シースルーのミーティングルーム
[画像のクリックで拡大表示]
対話促進の仕掛けも
対話促進の仕掛けも
[画像のクリックで拡大表示]
米グーグルはコーチング専用スペースを用意
米グーグルはコーチング専用スペースを用意
[画像のクリックで拡大表示]