(背景:Getty Images、CG:Shige)
(背景:Getty Images、CG:Shige)

3部門で首位に立ったベンダーが3社登場――。26回目を数える「顧客満足度調査」は全25部門のうち12部門で首位が入れ替わる激戦の中、特定のベンダーに票が集まる傾向が強まっている。新型コロナウイルス変異株の感染拡大で収束が見通せない状況下、テレワークに関連する部門で順位を大幅に上げたベンダーも登場。コロナ対応2年目に入ったユーザー企業からは新たなニーズが浮上し、「新常態のノーマル化」「ウィズコロナの常態化」への対応を迫られるITベンダーの姿が浮き彫りになった。