(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

公共交通機関を利用する人の意識が変わりつつある。これまで当たり前の光景だった朝晩の通勤ラッシュは新型コロナ感染拡大防止の観点から「避けるべき」こととなり、鉄道会社などがITを駆使した混雑解消の取り組みを急ピッチで進めている。通勤ラッシュは過去のものになるのか。JR東日本や経路検索アプリを提供するヤフー、西日本鉄道の西鉄バスの取り組みから、「密」回避の最前線に迫る。