(写真:Getty Images)
(写真:Getty Images)

新型コロナ禍で非対面のデジタルサービスが当たり前になるなか、オンラインで身元確認が完結する「eKYC(electronic Know Your Customer)」の市場が急拡大している。認証や不正検知への応用などの支援サービスも登場。さらなる広がりをみせる一方、デジタル庁などによるルール整備が必要になりそうだ。eKYCの最前線を追い、普及への課題を検証する。