全2410文字
PR

人材の豊富さを背景にこれまで順調に成長してきたウクライナのIT産業。ロシアによる侵攻を受け、一定のマイナス影響は避けられない情勢だ。現地企業のみならず、日本のIT大手やユーザー企業も無縁ではいられない。

 ロシアによる侵攻がウクライナのIT産業に影を落としている。ウクライナのIT市場は右肩上がりで伸びてきたが、戦闘の長期化に伴い、一定の打撃は避けられない情勢だ。米子会社がウクライナに大規模なエンジニアリング拠点を展開している日立製作所をはじめ、日本のIT大手は対応を迫られている。

IT分野の卒業生は中東欧で最多

 「東欧のシリコンバレー」。そう形容されるほど、IT分野でウクライナは一定の存在感がある。ウクライナ国立銀行によると、同国のコンピューター関連サービスの輸出額は2021年に70億ドルに迫る規模まで成長した。同国のIT産業は海外の顧客からシステム開発などを請け負うアウトソーシングビジネスが中心で、10年前に比べ10倍以上の規模に成長した。

 なぜウクライナでIT産業が活発なのか。理由はIT人材の豊富さにある。もともと航空宇宙や原子力分野に精通した人材を数多く抱えていたが、こうした人材が1991年の旧ソ連崩壊に伴い、「IT産業に流れ込んだ」(日本貿易振興機構=ジェトロ海外調査部欧州ロシアCIS課の宮下恵輔氏)。

 さらに大学のIT教育が盛んで、若く優秀なIT人材を輩出しているのも重要なポイントだ。実際、中東欧諸国におけるIT分野の卒業生数をみると、その傾向は顕著だ。英Emerging Europeの「FUTURE OF IT REPORT 2022」によると、ウクライナのIT分野の卒業生はおよそ2万6000人(2020年)で、中東欧諸国で最も多い。2位ポーランドと比べても2倍以上の規模を誇る。人口10万人当たりのIT分野の卒業生数でも、ウクライナは最多だ。

図 中東欧諸国におけるIT分野の卒業生の比較(2020年)
図 中東欧諸国におけるIT分野の卒業生の比較(2020年)
ウクライナが最多で、2位の2倍以上の規模を誇る(出所:英Emerging Europeの「FUTURE OF IT REPORT 2022」を基に日経コンピュータ作成、ベラルーシ、チェコ、ブルガリア、アルバニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、モンテネグロは推計値)
[画像のクリックで拡大表示]

 特に首都キーウ(キエフ)を含むキーウ州や東部のハリコフ州、西部のリビウ州などに「ITクラスター」があり、IT企業やITの専門家、ITプログラムを展開する高等教育機関が集中している。例えば、キーウ州にはITプログラムを持つ高等教育機関が167あるという(ITウクライナ協会の「Ukraine IT Report 2021」)。

 ウクライナでIT人材が豊富な理由として、他産業と比較した給与水準の高さもある。ウクライナ国家統計局によると、同国の産業別月額平均給与(2022年1月)において、情報通信分野は全産業平均の約1.8倍という水準だ。

 一方、中東欧諸国全体でみるとウクライナのIT人材の給与水準は決して高くない。FUTURE OF IT REPORT2022によると、平均給与額は首位エストニアの4分の1程度で、中東欧諸国では下位に位置する(2019年)。それでも「欧米とのプロジェクト経験が豊富な人材が多い」(ジェトロ海外調査部欧州ロシアCIS課課長代理の斎藤寛氏)など人材の質は総じて高いとされ、日本を含む海外企業がウクライナITに引き寄せられる要因になっている。