全2546文字
PR

新型コロナ禍でテレワークがニューノーマル(新常態)となりつつある。非常時の手段だったリモート・アクセス・サービスは業務運営に必須となり、そのつながりにくさがテレワークの単一障害点になってきた。

 機微な情報を扱う企業がテレワークを緊急導入する場合、会社パソコンの画面を自宅パソコンから操作するリモートデスクトップを使うケースが多いとみられる。仮想デスクトップ環境(VDI)を構築するには費用と時間がかかるからだ。IT各社はリモートデスクトップを実現するリモート・アクセス・サービスを提供している。

 ただ「リモート・アクセス・サービスはそれ自体がBCP(事業継続計画)強化のため、バックアップとして導入されるケースが多かった。複数のリモート・アクセス・サービスを併用して冗長性を持たせる企業は少ないだろう」。IDC Japanの渋谷寛シニアマーケットアナリストはこう指摘する。

ここぞの出番で2カ月半の全面停止

 既にリスクは顕在化している。

 TISは2020年4月16日、同社のリモートアクセスSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)である「RemoteWorks」にシステム障害が発生したため、4月13日から5月末まで全面停止すると発表した。状況次第で6月以降も停止するとしていたが、6月末まで全面停止を続けると5月21日に発表した。

表 RemoteWorksにおけるシステム障害の経緯
障害時間が徐々に延び、全面停止に至った
表 RemoteWorksにおけるシステム障害の経緯
[画像のクリックで拡大表示]