ベッドタウンとして人気を集める千葉県印西市には別の顔がある。大規模データセンター(DC)が集うDC銀座「INZAI」として、世界的に著名だ。今も大手クラウド事業者に向けた「ハイパースケール」のDCが建設ラッシュ。あまりの需要の多さに、電力会社も電力供給の増強へと動き出したほどだ。なぜINZAIにデータセンターが集まるのか。首都圏のデータセンター事情と合わせてリポートする。

千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているデータセンター(DC)向けの建物。事業主は「三井不動産」で、工期は2020年9月30日まで
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているデータセンター(DC)向けの建物。事業主は「三井不動産」で、工期は2020年9月30日まで
[画像のクリックで拡大表示]
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDC向けとみられる建物。建築主は「Inzai Development合同会社」で、工期は2021年1月12日まで
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDC向けとみられる建物。建築主は「Inzai Development合同会社」で、工期は2021年1月12日まで
[画像のクリックで拡大表示]
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDC向けとみられる建物。建築主は「エクイニクス・ジャパン」で、工期は2020年8月31日まで
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDC向けとみられる建物。建築主は「エクイニクス・ジャパン」で、工期は2020年8月31日まで
[画像のクリックで拡大表示]
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDCの工事現場。鉄骨の組み立てが進んでいる。建築主は「デジタル東京1特定目的会社」で、工期は2021年8月下旬まで
千葉ニュータウン中央駅周辺で建設されているDCの工事現場。鉄骨の組み立てが進んでいる。建築主は「デジタル東京1特定目的会社」で、工期は2021年8月下旬まで
[画像のクリックで拡大表示]