全3245文字
PR

D2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)サービスの代表例はEC(電子商取引)サイトとなる。新規参入する際にはシステム構築が必要だがそのハードルはぐっと下がっている。要件に応じて選べるSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)が充実してきたからだ。

 D2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)はデジタル技術を用いて、従来の企業と消費者の関係性や商品の売り方を大きく変えていくビジネスモデルである。その本質はデジタルの力を使って顧客の購買プロセス、購買経験を変革すること。D2Cにはテクノロジーも深く関わるため、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のビジネストレンドとして、エンジニア視点からもD2Cを理解しておこう。

 前々回と前回は2回にわたって、D2Cを自社の製品・サービスの販売形態として採用する際、ビジネス設計で注意すべきポイントを紹介した。今回は経営者やビジネス部門から「新たにD2Cビジネスを立ち上げたい」と要望があったとき、情報システム部門はどう対応すればよいかを見ていこう。主にSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を活用したD2C向けのシステム構築の手法について解説する。

EC開設にSaaS利用が増加

 D2Cサービスには様々な形態があるが、本記事では代表的な形態としてEコマースを想定する。新規にEC(電子商取引)サイトを立ち上げる際は、米アマゾン・ドット・コムや楽天グループなどが運営する大手ECモールに出店する方法と、自前のサービスを立ち上げる方法がある。自前でサービスを立ち上げる場合、従来はスクラッチ開発かパッケージの導入が一般的だったが、最近ではECサイトのためのSaaSも増えている。

 どの方法が向いているかはビジネスの性質によって異なる。単に既存の商品をネットで販売したいだけならECモールへの出店が最も簡単だが、「ユーザーとダイレクトな接点を持つことができない」「他社の商品と同列に比較されるためブランディングが難しい」といった欠点がある。

 D2Cで重要な点は、企業と顧客との直接的な接点を増やし、顧客からのフィードバックを反映しながら購買プロセスを最適化することだ。つまりECモールへの出店ではD2Cの特徴を生かせないため、自前でサービスを立ち上げるほうが望ましい。

 自前でサービスを立ち上げる場合はSaaSを活用する方法が手軽だが、どこまでカスタマイズできるかは採用するSaaSによって差がある。例えば小規模なECサイトを構築できる「BASE」(運営会社はBASE)、「STORES」(同ヘイ)などのネットショップ開設サービスには無料プランがあり、「試しに使ってみる」際のハードルが低い。一方で、機能はシンプルで拡張性は比較的低い。

 「顧客ごとに割引率を変える」「選択できる商品のオプションを大幅に増やす」など、自社の現状に合わせて機能をカスタマイズしたい場合は、一般にカートASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)と呼ばれる、より拡張性の高いサービスが向いている。「futureshop」(運営会社はフューチャーショップ)、「MakeShop」(同GMOメイクショップ)、「Shopify」(同カナダのショッピファイ)などのサービスが知られている。

 以上のようなSaaSでは、様々なデザインのECサイトのテンプレートが無償・有償で提供されている。アカウントを開設してテンプレートを選び、商品の画像やテキストをアップロードすればECサイトを立ち上げられる。

 最低限のECサイトを立ち上げるだけなら、コーディングは不要だ。また、サービスが稼働するサーバーなどのインフラはSaaS事業者側が用意・管理する。機能面のアップデートも事業者が担う。

 一方、ECサイト開設のための機能をまとめた有償のパッケージ製品もあり、「ebisumart」(提供会社はインターファクトリー)、「ecbeing」(同ecbeing)などが知られている。パッケージは一般に、カートASPよりもさらに柔軟なカスタマイズが可能だ。

図 D2Cサービスの実現方法
図 D2Cサービスの実現方法
実現手段は3種類(出所:野村総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]