(CGイラスト:Shige、写真:Getty Images/地球)
(CGイラスト:Shige、写真:Getty Images/地球)

ビジネスの活動からコミュニケーションまで、インターネットは今や企業に欠かせない存在だ。一方で情報の漏洩や改ざん、なりすましから使い勝手まで、国や企業の枠を越えて改善すべき課題が山積している。解決に向け、米グーグルや日米欧の組織が動き出した。合言葉は「トラスト」だ。情報セキュリティーの確保にとどまらず、利用者の安全を保証する取り組み全体を指す。日米欧で相互運用できる枠組みをつくる試みも始まった。ネットを使う全ての企業は、この動向を注視する必要がある。