(写真・イラスト:Getty Images)
(写真・イラスト:Getty Images)

大手生命保険会社の第一生命保険が人工知能(AI)などを駆使し、コロナ下でデジタル変革(DX)を加速させている。DXの基盤となる基幹システムを刷新し、AIを活用した保険プランの作成や独自のAI OCR(光学的文字認識)による書類点検支援など矢継ぎ早に新たなデジタル化に打って出ている。背景には顧客ニーズの多様化による事業領域の拡大がある。生保の新常態に挑む第一生命のデジタル施策に迫る。

 「新型コロナの感染拡大によって、スマートフォンによるオンライン営業に踏み切る経営判断があった。100年続いた対面営業を変える」。第一生命保険の能田邦明生涯設計教育部イノベーション推進部フェローは話す。

 同社は約40億円を投じて約4万人の営業職員にスマホを配布し、顧客への営業や保険商品の提案を全てオンラインでできるようにする。2021年3月から一部地域で始め、順次全国へ広げる。さらに2020年度中にも顧客がPCやタブレットで申し込み手続きができるWebシステムを導入。顧客が保険商品の提案を受けてから契約するまで、一度も営業職員にリアルで会うことなく非対面で完結する体制が整う。

 100年続いた対面営業を変革する真っただ中にある同社だが、それはデジタル変革(DX)の一端にすぎない。矢継ぎ早に繰り出す同社のDXに関する取り組みを見ていく。