全4024文字
PR

レガシーをクラウドと組み合わせることで、DXに向けたさまざまな取り組みが可能となる。システム移行に当たっては移行戦略をまとめた「7R」のメリットや考慮点を押さえる。コンテナの活用により、移行の円滑化やレガシーシステムのスリム化が図れる。

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進ではレガシーシステムが重要な資産となる。それをクラウドベンダーが提供するさまざまな新しいサービスと組み合わせることで新しい取り組みに発展させられる。そのためにはレガシーシステムを捨て去ることなくうまく解体し、その資産を新しい基盤に載せ替える必要がある。今回は最新の解体手法を解説する。

移行戦略「7R」のメリット

 レガシーシステムとしてはメインフレームや商用ベンダーが販売するUNIXサーバーが代表的であり、バージョンの古いOSを搭載したLinuxやWindowsが含まれることも多い。クラウドを活用しシステムをそこに「リフト」することで、インフラコストを抑える点では一定の効果は出せる。

 しかし、DXで活用するには次の「シフト」まで検討する必要がある。では最新の技術を使い、レガシーを解体するにはどのような方法があるのだろうか。ここでは、システムの移行戦略で利用される「7R」を紹介する。

 クラウドが提供するサービスがまだ少なく、クラウドの中でもIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)を中心としたアーキテクチャーでシステムを組んでいた時期。7Rを使ったレガシーシステムの移行方法としては、以下が一般的だった。

図 移行パターンの例「7R」
図 移行パターンの例「7R」
システムの移行戦略を考える
[画像のクリックで拡大表示]

・新しい基盤をクラウドとし、既存システムをクラウドに移行するかオンプレミス(自社所有)環境で継続利用するかを決める

・適用できるサービスがあれば、アプリケーションを作らずに済むよう既存システムをすべてSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)に置き換える

・仮想サーバー上で稼働しているシステムについて、Rehost(環境移行)によるクラウド移行でいったんクラウド側に移し、IaaS環境で動かしながらさらに高度化する

・既存システム内のRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)をクラウドベンダーが提供するPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)に置き換える

 この移行方法のメリットは、既存システムをクラウドに移行しておけば、クラウドが提供するさまざまな高機能なサービスと組み合わせ、既存システムでも付加価値を得やすいことにある。パブリッククラウドベンダーは、データ分析用のAI(人工知能)や機械学習、DWH(データウエアハウス)のほか、さまざまなNoSQLデータベースのサービスなどを提供している。

 毎年多くのアップデートが行われ、サービスの進化や高度化のサイクルも非常に速い。技術の進化に追随するには自社で一から高度なデータ分析基盤を組み上げるよりもはるかに効率的で、高度なクラウドサービスと連携した多様な取り組みが可能だ。