全2143文字
PR

 5G(第5世代移動通信システム)の日本における商用サービスが2020年春に始まって2年足らず。だが早くも2022年、現行の5Gより高機能なモバイル通信サービスをユーザーが享受できる「真の5G」の時代に突入する。携帯電話事業者各社は通信インフラの構成を大きく変えた「SA(スタンドアローン)」方式の5Gサービスを次々に立ち上げ、市場を競い合う。

 SA方式の前身となるのが、NTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルが現在の5Gサービスで使っている「5G NSA(ノン-スタンドアローン)」方式だ。4G(第4世代移動通信システム)とセットでなければ稼働できないシステム構成である。

 一般に、携帯電話ネットワークは大容量の通信回線を制御する「コア設備」と端末につながる基地局などの「無線設備」で構成する。NSAの場合、コアに4G向けの設備を流用しており、基地局は周囲の4G基地局と連動して動作させる必要がある。

 5G対応端末から見ると、待ち受け時には4Gの基地局と通信制御の信号をやり取りしつつ、通信開始のタイミングで5Gの基地局に接続し、データ本体を5G方式で送る仕組みになっている。つまりNSAは既存の4G設備に頼ったシステム構成であり、5G本来の実力を十分に発揮できなかった。

 一方のSAはコア設備も無線設備も全て5Gだけで動かす。端末との制御信号やデータのやり取りも5G方式のみとなる。NSAで実現済みの高速で大容量のデータ通信に加え、SAではデータの遅延時間が大幅に短くなり、より安定的に通信できるなど、5Gのメリットをフルに生かせるわけだ。

図 2022年に導入本番を迎える「5G SA」の仕組み
図 2022年に導入本番を迎える「5G SA」の仕組み
通信インフラに「真の5G」時代が到来する
[画像のクリックで拡大表示]