全960文字

 2021年以降、従来よりもはるかにきびきび反応するゲームや映像配信、酔わずに没入できるVR(仮想現実)/AR(拡張現実)コンテンツなどが登場しそうだ。工場のスマート化なども一段と進む可能性がある。

この記事は有料会員限定です

「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!