PR

 象徴的なのは2018年10月のソフトバンクグループとトヨタ自動車の提携だ。株式時価総額で国内1位と2位の会社のトップが笑顔で握手し、MaaS分野での戦略提携を発表した。2社は共同出資会社を通じ、移動・輸送需要に応じた配車サービスなどを自治体や企業に展開する。

提携を発表し握手するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(左)とトヨタ自動車の豊田章男社長(写真:村田 和聡)
提携を発表し握手するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(左)とトヨタ自動車の豊田章男社長(写真:村田 和聡)

 トヨタは若者のクルマ離れが指摘されるなか、移動手段としてのライバルである鉄道・バス事業者との連携にも踏み込む。2018年11月に西日本鉄道と提携し、福岡市周辺でスマホアプリを使ったMaaSサービス「my route」の実証実験を始めた。

トヨタ自動車と西日本鉄道の「my route」アプリ。電車やバス、自転車シェア、レンタカーなどの移動手段を横断検索できる
トヨタ自動車と西日本鉄道の「my route」アプリ。電車やバス、自転車シェア、レンタカーなどの移動手段を横断検索できる
[画像のクリックで拡大表示]

 一見するとよくある路線検索サービスだが、一般的な地下鉄・バス、タクシーによる経路・料金に加えて、レンタカーや自転車シェアを使って移動する場合の経路や料金、レンタル場所も示す「先取り感」が光る。利用者目線を徹底し、遅延を反映したバスの現在地表示や駐車場の空き状況なども一元的に提供している。

観光地や郊外住宅地が先行

 MaaSの発展段階は各種サービスの統合度合いに応じてレベル0~4の5段階で表現される。my routeはレベル2「予約・決済の統合」を部分的に実現している。福岡市周辺で営業するタクシー会社やバス会社について、全社の予約・決済を網羅できていない点が不完全だ。海外と比べ、日本の都市部は交通事業者の数が多いとされる。利害調整が難しく、「サービスの統合」が達成された1つ上のレベル3のハードルは低くない。

図 MaaSの発展レベル
図 MaaSの発展レベル
「政策の統合」に向けて議論進む(出所:MaaS分野の学会「ICoMaaS 2017」で発表された論文「A topological approach to Mobility as a Service」を基に日経コンピュータが作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 冒頭のイメージはレベル3だ。局所的ではあるがレベル3相当のMaaSが早期に実現する可能性が高いのが観光地や郊外住宅地だ。東京急行電鉄の森田創事業開発室プロジェクト推進部課長は「MaaS定期券を実現したい」と意気込む。電車やバスの定期券に定額料金を上乗せすれば東急グループが提供する交通機関に加え、各種サービスまで使い放題にするものだ。

 対象として想定するのは横浜市北部のニュータウン「多摩田園都市」である。東急グループが主導して開発したため、縦横に走る鉄道やバスに加え、住宅や食品スーパー、電気・ガスの小売り、インターネットサービスなども東急グループが一手に担う。

 地の利をフルに生かし、MaaS定期券の購入者がテレビのリモコンで、タクシーを呼んだりネットスーパーに注文したりできるようにする。地域で巡回する小型車両を需要に応じて旅客用と貨物用に兼用することで採算ラインを引き下げられるとみている。