PR
全1354文字

 神戸市の六甲アイランドとポートアイランドの間に架ける大阪湾岸道路西伸部の橋の形式が、世界最大級となる長さ2730mの5径間連続斜張橋に決まった(図1写真1)。

図1■ 2カ所の海上部に巨大斜張橋を建設
図1■ 2カ所の海上部に巨大斜張橋を建設
国土交通省と阪神高速道路会社の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]
写真1■ 六甲アイランドとポートアイランドの間に建設する5径間連続斜張橋の模型(写真:阪神高速道路会社)
写真1■ 六甲アイランドとポートアイランドの間に建設する5径間連続斜張橋の模型(写真:阪神高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大支間長は650m。主塔3基以上の連続斜張橋では2017年に開通した英国のクイーンズフェリー・クロッシングと並んで世界一となる。ポートアイランドの西側には、主塔1基の単独斜張橋を架ける。国土交通省近畿地方整備局と阪神高速道路会社が19年12月10日に発表した。

 近畿地整などが設置した「大阪湾岸道路西伸部技術検討委員会」(委員長:藤野陽三・横浜国立大学上席特別教授)での議論を受けて決めた。

 委員会では六甲アイランド─ポートアイランド間に関して、1つの連続斜張橋で海上をまたぐ案と、2組の斜張橋で構成する案の2つを比較・検討してきた。連続斜張橋は建設費が高くなるものの、景観に優れ、支承や伸縮装置といった点検に手間がかかる部材の数を抑えられる点が採用の決め手となった(図2)。

図2■ 景観に優れた案を選定
図2■ 景観に優れた案を選定
国土交通省と阪神高速道路会社の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]

 4基の主塔の高さは、いずれも海面から約200mだ。主塔と橋桁は鋼製で、基礎には鋼管矢板を採用。桁下を航路とするため、橋桁は海面から50mを超える高さに設ける。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い