全1605文字
PR

 清水建設は2020年4月13日、東京都内の同じ建設現場で働く社員3人が新型コロナウイルスに感染し、うち1人が死亡したと発表した。併せて、緊急事態宣言の対象7都府県にある同社の建設現場約500カ所を、宣言が終了する5月6日まで原則として閉所すると表明した(写真1)。

写真1■ 清水建設は2020年4月13日、緊急事態宣言の対象7都府県にある建設現場の作業所を一時的に閉所する方針を打ち出した。写真は現場のイメージ(写真:日経クロステック)
写真1■ 清水建設は2020年4月13日、緊急事態宣言の対象7都府県にある建設現場の作業所を一時的に閉所する方針を打ち出した。写真は現場のイメージ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 都内の作業所に務める社員1人が感染した東急建設も4月9日、宣言対象地域の工事を原則として中断する方針を示した。ただ、社員の感染が判明したのは4月6日で、それを公表した8日時点では工事中断に言及しなかった(図1)。わずか1日で対策レベルを引き上げた背景には、西松建設の決断があったようだ。

図1■ 東急建設はわずか1日で工事中断へかじを切った
図1■ 東急建設はわずか1日で工事中断へかじを切った
東急建設が2020年4月8日と翌9日に自社のウエブサイトで発表した新型コロナ対策の概要。同社の資料を基に日経コンストラクションが作成
[画像のクリックで拡大表示]