全1111文字
PR

 山口県下関市と北九州市を新たに結ぶ「下関北九州道路」について、海上部はトンネルよりも吊り橋が妥当とする調査結果を国土交通省がまとめた。関門海峡に存在する可能性のある活断層のリスクに対応しやすい点を評価した。国交省や関係自治体で構成する「下関北九州道路計画検討会」が2020年3月26日に開いた会合で公表した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料