全549文字
PR

 豪雨時などに河川の状況を住民がリアルタイムで把握できるように、国土交通省が簡易型の監視カメラの設置を進めている。2020年6月の出水期までに、国が管理する河川で約1600カ所に設置する計画だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料