全1142文字
PR

 越水や浸食ではなく、決壊──。国土交通省は2020年4月10日、19年の東日本台風(台風19号)による河川堤防の被害判断を訂正した。

 訂正したのは埼玉県東松山市を流れる荒川水系の都幾(とき)川だ。下流から6.5km地点の左岸と5.9km地点の右岸にある計2カ所の堤防を、決壊した箇所として新たに加えた。いずれも越水による裏法などの洗掘が決壊の原因とみられる。

 前者は幅約30m、後者は幅約20mにわたって盛り土した堤体が大きく流失した。ところが、国交省はこれまで被害状況をそれぞれ「越水」、「堤防浸食」と分類していた。

 国交省によると、台風19号がもたらす大雨で都幾川の水位が計画高水位に迫った19年10月12日、同省の職員が川沿いを巡視。下流から6.5km地点の左岸で400mにわたって「越水」していると報告した。

 日経クロステックは翌13日午後、同地点で堤体が流失しているのを確認した(写真1)。国交省も同日、被害を現地で確認したもようだが、越水区間の一部と見なして被害判断を変えなかった。

写真1■ 国交省が「越水」から「決壊」に被害判断を見直した都幾川の堤防。下流から6.5km地点の左岸に当たる。被災前の堤防は、写真左手前から右奥までつながっていた。写真左側が川表。埼玉県東松山市石橋で2019年10月13日に撮影(写真:日経クロステック)
写真1■ 国交省が「越水」から「決壊」に被害判断を見直した都幾川の堤防。下流から6.5km地点の左岸に当たる。被災前の堤防は、写真左手前から右奥までつながっていた。写真左側が川表。埼玉県東松山市石橋で2019年10月13日に撮影(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、下流から5.9km地点の右岸は、現地に立ち入れるようになった13日に職員が初めて訪れ、「堤防浸食」が見られると報告した。「13日時点で川の水位は下がっており、職員は堤防から水が流れ込む様子を目視していない。そのため、決壊と断定できなかった」(国交省関東地方整備局河川部の高畑栄治河川調査官)