全1105文字

 国土交通省は2021年4月13日、インフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)に向けて技術やノウハウを共有するための拠点を東京・霞が関の庁舎内に開設した。地方整備局や研究拠点などと工事現場の映像や構造物の3次元データを共有しながら議論できるよう、大型モニターや仮想現実(VR)の機器を設置した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い