全1047文字
PR

 国土交通省は、工事の特性や地域の実情に応じた施工者の選定を進めるため、一般競争以外の手法を用いた発注方式の採用を促す。2022年3月に公共工事の入札契約指針を改正し、「ECI」や「フレームワーク」と呼ばれる発注方式を新たに盛り込んだ。画一的な運用で入札不調の頻発を招いた一般競争に代わる手法として注目されるが、競争制限につながる恐れもはらむ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)