全1299文字

 九州で建設会社が経営事項審査(経審)の完成工事高を水増しする事件が相次いで発覚している。長崎県と熊本県では地元の建設会社が土木一式などで架空の完工高を計上。両県が2021年4月、各社に営業停止を命じた。3年前には宮崎県でも同様の問題が起こり、県が建設会社を刑事告発する事態に発展している。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料