全524文字

 京都府舞鶴市は支承の鋼製ローラーの破損で通行止めとなっている「舞鶴クレインブリッジ」について、ローラーを同じ材質で作り直して復旧する方針を決めた。2021年3月に復旧工事を発注しており、同年10月末の供用再開を目指す。工事期間8カ月のうち6カ月をローラーの製作と品質確認に充てる。

 同橋は関西電力が工事用道路の一部として1999年に架設し、舞鶴市に移管した。延長は735mで、そのうち672mが3径間鋼斜張橋だ。市は2020年9月、西側主塔で2基のピポットローラー支承に組み込まれたローラー4本のうち3本の破損を発見した。

 支承を製造した会社は既に同事業から撤退しており、詳細な製造記録は残っていなかった。そこで、市は関西電力が残していたミルシート(検査証明書)などを基に調べた。製造時の焼き入れでローラー内部の硬度が高くなり過ぎて延性を欠き、放射状のひび割れが生じたと推定。供用後の荷重でひび割れが拡大し、ローラーの破壊に至ったとみた。

 西側主塔の支承2基に組み込まれたローラー4本を、破損していない1本を含めて同じ材質で作り直す。さらに、品質確認に用いる供試体としてもう1本製作。製造時に内部の硬度が上昇し過ぎていないかどうかなどを検査する。