全1103文字

 最先端の自動化施工で建設現場の「工場化」を進めているCSG工法の成瀬ダム(秋田県東成瀬村)で、完成時期が計画の2024年度から2年遅れる見通しとなった。事業費も約1530億円から700億円ほど増える予定だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料
この機会をお見逃しなくお申し込みください


日経クロステックからのお薦め

【秋割開始】日経クロステック11月末まで無料