全1121文字
PR

 国土交通省は小規模な河川を対象に、氾濫によって浸水する範囲を簡易に推定する手法をまとめた。水防法で「浸水想定区域図」の作成が義務付けられている1級河川などと比べて、小規模河川はハザードマップへの水害リスクの反映が遅れている。測量方法や氾濫計算などを簡素化して、都道府県が水害リスクを迅速に評価できるようにした。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【春割開始】日経電子版セットで2カ月無料

  日経電子版セットだと日経クロステックが月々650円お得

詳しくは日経クロステック有料会員お申し込みのページで。


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料