PR

 2019年4月に施行された働き方改革関連法により、建設業でも5年間の猶予を経て24年4月から時間外労働の上限が罰則付きで規定される。法改正への対応を見据えて、建設現場で働く社員の勤務形態を見直す動きが出てきた。その一例が、フレックスタイム制の導入だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い