全1506文字
PR

 災害復旧工事を終えて翌日に全面開通を控えていた山岳道路「乗鞍スカイライン」(岐阜県高山市丹生川町)が2022年9月9日、再び崩落した(資料1)。現地では前日の夜から雨が降っていたものの、気象庁のデータによると、付近の観測地点における降り始めから事故発生時までの総雨量は30mm弱にとどまる。

資料1■ 全面開通の前日に崩落した乗鞍スカイライン。2022年9月9日午前に北側から撮影。山側の1車線を使って片側交互通行を続けていたが、巻き込まれた車はなかった(写真:岐阜県)
資料1■ 全面開通の前日に崩落した乗鞍スカイライン。2022年9月9日午前に北側から撮影。山側の1車線を使って片側交互通行を続けていたが、巻き込まれた車はなかった(写真:岐阜県)
[画像のクリックで拡大表示]

 9月9日午前8時30分ごろ、工事関係者から道路を管理する岐阜県に崩落の通報があった。入り口の平湯峠ゲートから約1kmの場所で、道路の谷側が延長約38m、幅約10m、高さ約15mにわたって崩れていた。

 現場は、20年7月の豪雨で崩落した箇所だ(資料2)。仮復旧の状態で21年7月から山側の1車線を使って片側交互通行を続けていた。その後、本復旧が終わり、22年9月10日から対面通行に移行する予定だった。

資料2■ 西側から見た崩落現場(写真:岐阜県)
資料2■ 西側から見た崩落現場(写真:岐阜県)
[画像のクリックで拡大表示]

 復旧工事の設計者はテイコク(岐阜市)、施工者は大山土木(高山市)。工費は約4億円だ。