全924文字
PR

 東京外かく環状道路(外環道)の大深度地下トンネル上で起こった陥没事故の現場付近で、新たに大きな空洞が見つかった。幅約4m、長さ約30m、高さ約3mで、上端が地表面から約5mの深さにある。トンネル工事との関連は不明だ。外環道の建設を進めている東日本高速道路会社が2020年11月4日に発表した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料