全1450文字
PR

 中日本高速道路会社が発注した橋の耐震補強工事で、増し打ちしたコンクリートの内部の鉄筋が不足していた(図1)。2020年9月24日に中日本高速が補強部分でひび割れを2カ所発見し、原因を調査していた。

図1■ 増し打ち部で鉄筋8本不足
図1■ 増し打ち部で鉄筋8本不足
最初に鉄筋不足が判明した緑橋の耐震補強部の断面図(資料:中日本高速道路会社)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は11月4日に、1カ所で8本の鉄筋が不足していたと発表。さらに11月13日には、3橋で計6本の鉄筋不足が分かったと明らかにした。

 最初に施工不良が判明したのは、東京都日野市の中央自動車道をまたぐ「ロッキングピア形式」の緑橋だ。16年の熊本地震でロッキングピア形式の跨道橋が落ちた事態を受け、高速道路会社などが同形式の橋の耐震補強を進めている。

 中日本高速は、緑橋を含む同形式の7橋の耐震補強工事を大島産業(福岡県宗像市)に発注。橋脚と橋台を上部工に剛結する工事などを18年8月に開始した。