全722文字

 戸田建設は、地下掘削の山留め芯材として用いるH形鋼の継ぎ手に必要なボルト本数を減らす新たな接合方法を開発した。接合に要する作業時間を短縮できる。東京都内の建設現場で実証し、強度や剛性、耐力などが従来の継ぎ手と変わらないことを確認した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!