全550文字

 大成建設は、下水からメタンを効率的に生成する脱炭素型の下水処理技術を開発した。国内の下水処理場の多くで導入する活性汚泥法と比べて、水処理にかかる消費エネルギーを約30%、処理に伴い発生する余剰汚泥量を約70%、それぞれ削減できる。下水処理で生じる温暖化ガスは、従来の半減を目標としている

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!