全963文字
PR

 KDDI大林組NECは、5G(第5世代移動通信システム)を使った建機3台の遠隔操作と1台の自動運転との同時連携で、道路造成工事の実証試験に成功した(写真1)。

写真1■ 遠隔施工管理室で操作する様子。オペレーターは前方映像用の2Kカメラ3台と、全方位の映像を確認する1.2Kカメラ1台、建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kカメラ2台から伝送される映像を見ながら操作する。実証実験は2020年2月3日~14日に実施した(写真:KDDI、大林組、NEC)
写真1■ 遠隔施工管理室で操作する様子。オペレーターは前方映像用の2Kカメラ3台と、全方位の映像を確認する1.2Kカメラ1台、建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kカメラ2台から伝送される映像を見ながら操作する。実証実験は2020年2月3日~14日に実施した(写真:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証試験は、三重県伊賀市で大林組などが建設している川上ダムの現場の一部を借りて実施。幅15~25m、長さ40mにわたって路盤までの道路を造成する作業だ。油圧ショベルとクローラーキャリア、ブルドーザーの3台を遠隔で操作して、振動ローラーを自動で動かした(写真2)。

写真2■ 掘削した土砂を積み込む油圧ショベル(写真右)と、その土を敷きならし範囲まで運ぶクローラーキャリア(写真左)。いずれも遠隔操作で動かした。川上ダムの工事現場での5G検証は、総務省の「2019年度5G総合実証試験」の一環として実施した(写真:KDDI、大林組、NEC)
写真2■ 掘削した土砂を積み込む油圧ショベル(写真右)と、その土を敷きならし範囲まで運ぶクローラーキャリア(写真左)。いずれも遠隔操作で動かした。川上ダムの工事現場での5G検証は、総務省の「2019年度5G総合実証試験」の一環として実施した(写真:KDDI、大林組、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 遠隔で操作する各建機には、前方映像用の2Kカメラを3台、全方位の映像を確認する1.2Kカメラを1台ずつ装備した。加えて現場には、建機の周りを俯瞰(ふかん)する2Kのカメラ8台と全体を見渡す4K3Dカメラ1台を設置。全ての映像は5G基地局を経由して、約500m離れた遠隔施工管理室にリアルタイムで伝送。それらを基にオペレーターが操作した。

 4台の建機には、GNSS(衛星を用いた測位システムの総称)の受信機を搭載した。取得した位置情報や3次元設計値と施工データとの差異などを、5Gで遠隔施工管理室に伝送。マシンガイダンス(MG)でオペレーターの遠隔操作を支援したり、施工結果を即時に取得したりできるのを確かめた。

 現場の3次元レーザースキャナーで、遠隔地の出来形計測も可能であることが分かった。

 試験では3.7GHz帯や28 GHz帯を使って、2Kカメラ17台、4K3Dカメラ1台、1.2Kカメラ1台で撮った映像などを同時に伝送した。「これだけの映像量となると、いくら5Gで大容量を伝送できるといってもコーデック(符号化方式)を使う必要がある。どうしても遅延が発生する」。大林組技術本部技術研究所の古屋弘上級主席技師はこう振り返る。

 それでも、総遅延は0.14~0.2秒に収まったという。「遠隔操作でのしきい値とされる0.2秒をクリアしている。オペレーターからの評判も良かった」(古屋上級主席技師)

 KDDI次世代ネットワーク開発部の黒澤葉子副部長は、こう話す。「5Gでは大容量の特徴に焦点を当てた実証試験の例が多く、低遅延を生かせるシナリオはあまりなかった。建機の遠隔操作では両方の特徴を発揮できてよかった」