全1099文字

 大林組は城跡の石垣の耐震性を高めるために、ステンレス鋼と樹脂製の材料を格子状に組み合わせた補強材「グリグリッド」を開発した。熊本市にある熊本城天守閣の石垣の積み直しで、背面に詰める裏込め材である栗石に挿入して使った。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料