全905文字
PR

 大成建設と富士化学、精研は、凍結工法を用いた大深度のシールドトンネル工事で、掘進機のカッタービットの交換に必要な凍土掘削期間を半減する手法を共同で開発した。特殊な加泥材によって掘進機のカッターヘッドと周辺地盤との凍り付きを防げるため、人力によるはつり作業の手間を省け、作業効率が大幅に向上する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

チームはやぶさ2、未踏に挑んだ10人

渾身の記事を直接お届け、2月24日に新サービス「フカメル」開始

9つの世界初を成し遂げた小惑星探査機「はやぶさ2」を深掘りする。裏側には、未踏に挑んだ10人のスペシャリストがいた。とっておきの10の物語を通して、「チームはやぶさ2」が奇跡を成し遂げた理由に迫る。

「チームはやぶさ2」を購読する