全905文字

 大成建設と富士化学、精研は、凍結工法を用いた大深度のシールドトンネル工事で、掘進機のカッタービットの交換に必要な凍土掘削期間を半減する手法を共同で開発した。特殊な加泥材によって掘進機のカッターヘッドと周辺地盤との凍り付きを防げるため、人力によるはつり作業の手間を省け、作業効率が大幅に向上する。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料