全784文字

 西松建設は、L is B(東京都千代田区)、日本ディクス(東京都港区)と共同開発したコンクリート打設情報共有システムを自社の現場に導入し、連絡業務などの効率化に役立つことを確認した。自動プログラムを介して会話を成立させる「チャットボット」を使う点が特徴だ。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!