全657文字

 清水建設シャープと共同で、3眼カメラの画像を基に鉄筋の配置を自動で計測・検査する「3眼カメラ配筋検査システム」を開発した。配筋状況を撮影してから7秒後に検査結果を表示する。従来の検査に使っていたスケールや黒板などが不要になるため、検査にかかる人員や時間をそれぞれ3分の1以下に削減できる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い

お薦めの有料会員向け記事