全750文字

 鹿島は、橋桁のセグメント単体を3次元(3D)デジタルカメラで事前に計測し、架設線形を高精度に予測する技術を開発した。世界最長級の支間長を持つ実橋に適用し、出来形管理の省力化につなげた。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!