全834文字

 大成建設は、測位衛星による位置情報が得られないトンネル坑内で建機の位置を把握する技術「T-iDraw Map(ティーアイドローマップ)」を開発。同技術を使ったクローラーダンプの自動運転に成功した。建機に3次元レーザースキャナー(3D-LiDAR(ライダー))を取り付けて、周囲の3次元地図を作製しながら自己位置を推定するSLAM技術を用いる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【締切迫る】日経電子版とセットで2カ月無料