全876文字

 東芝は、目視点検で確認できない鉄筋コンクリート(RC)床版内部のひび割れ位置を、センサーで可視化する技術を開発した。道路事業者向けのサービスとして、東芝プラントシステムと共同で2024年度の提供開始を目指す。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料

>>詳しくは

お薦めの有料会員向け記事


日経クロステックからのお薦め

【インフレ対策とDX人材を応援】月額プラン11月末まで無料