全929文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!

 CACH(東京都江東区)は建設現場の遠隔監視に使えるひずみモニタリングシステム「ST-COMM(エスティーコム)」を開発した。西松建設の地下工事現場の止水壁に、ひずみゲージをつないだ機器を設置(写真1)。地下水の浸入などに伴って生じるひずみなどを監視する。

写真1■ 白い箱が「ST-COMM」。地下工事現場の止水壁に設置した。中継器が不要で、遠隔地へ無線で情報を送信できる(写真:CACH)
写真1■ 白い箱が「ST-COMM」。地下工事現場の止水壁に設置した。中継器が不要で、遠隔地へ無線で情報を送信できる(写真:CACH)
[画像のクリックで拡大表示]

 外部電源や基地局などは不要だ。ひずみを測定したい場所に機器を設置し、電源を入れるだけでデータが毎時1回、クラウドに送信される。

 データの通信には、京セラコミュニケーションシステム(京都市)が提供するLPWA(ローパワー・ワイドエリア)サービスの「Sigfox」を使う。Sigfoxは低消費電力で長い距離を通信できる特徴を持つ。

 一方、1度に送れるデータ量は12バイトと非常に小さい。CACHは独自の圧縮技術で、ひずみの測定値や温度、湿度のデータを送れるようにした。専用のアプリケーションでパソコンやスマートフォンから測定データを確認できる。

 機器本体の大きさは縦80mm、横160mm、高さ56mmほどで重さは約500g。コンパクトなので場所を選ばず、マグネットなど現場に合った方法で設置できる。1日4回の通信を想定すると、単3形リチウム電池4本で約5年持つ。

 従来は、現場に大掛かりな計測装置を持ち込み、外部電源やパソコンとつなぐ必要があった。無線ネットワークを介して測定データを遠隔地から監視するとなれば中継器や基地局などの設置が必要となり、数百万円の初期費用がかかるケースもある。地下工事では狭い現場も多く、装置を置けない場合には作業員の目視に頼るしかなかった。

 ST-COMMはレンタルでの提供を基本としている。従来の遠隔監視システムでは機器や通信で年間300万~400万円かかる費用を、約10分の1まで抑えられるという。西松建設の現場では2019年4月から4台が稼働中だ。

 ST-COMMにはひずみセンサーを4つまで取り付けられる(写真2)。例えば、ゲージをコンクリート部材の表裏それぞれに2つずつ貼れば、水平・鉛直方向の変形だけでなく曲げ変形も確認できる。建設現場だけでなく、構造物の維持管理でも使用実績がある。

写真2■ ST-COMMにひずみセンサーを取り付けた外観(写真:CACH)
写真2■ ST-COMMにひずみセンサーを取り付けた外観(写真:CACH)
[画像のクリックで拡大表示]