全796文字

 大成建設は、サンショウウオ類など両生類の生息調査において、「環境DNA分析」を使うことで従来の目視調査よりも長期間にわたって生息情報を得られることを確認した。希少な動植物類の保全対策で代替生息地を整備した際、その対策の効果をより確実に検証できる。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!