全1098文字

 JFEスチールと日本製鉄、五洋建設、東亜建設工業、日本海工(神戸市)は共同で、軟弱な海底地盤の表層を原位置で改良する「カルシア改質土のバッチ式原位置混合工法」を開発した。海底に降ろした密閉式バケットの中で、鉄鋼スラグを原料とするカルシア改質材と海底地盤の粘土などとを混合して「カルシア改質土」を製造。その場で改良を完結できる。2022年7月から2カ月間、広島港沖で実証実験を実施した。

この記事は有料会員限定です

「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

「初割」2/7締切迫る!
>>詳しくは

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード


日経クロステックからのお薦め

【初割 2/7締切】日経電子版とセットで2カ月無料!