全709文字
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 FAGはFJ Dynamicsが開発した「ショベル用高精度3Dガイダンスシステム」の販売を開始した。一般的な油圧ショベルに取り付けることで、3Dガイダンス機能を備えたICT(情報通信技術)建機にできる。メーカーを問わず取り付けが可能だ。

特徴

  • 油圧ショベルのバケットとアーム、ブーム、本体にそれぞれ姿勢センサーを取り付ける。さらにGNSSアンテナと4Gアンテナを設置。車載コントローラーは10.1インチのハイライトタッチディスプレイを備える。
  • 作業精度は±3cm。作業温度範囲は-30~+70℃。防水・防じん性能はIP65に準拠する。

価格

 オープン

■ FAG

URL:https://www.fagcorp.com
Mail:info@fagcorp.com

開発の背景
人の代替ではなく人の補助

FJ Dynamics CEO
呉迪(James Wu)

 開発した製品は、全自動で油圧ショベルを操作するシステムではなく、操作する人を補助するシステムだ。経験の少ない作業員でも簡単に操作できるように支援する。

 先行して開発した農機向けのシステムでは当初、農機メーカーの要望を受け、全自動のシステムを開発した。しかし、市場のニーズが少なかった。農業も建設業も、重機を使うシーンが複雑で、全て自動化・無人化すると逆に大変になることが多い。人を全て無くすのではなく、人の負荷を低減させるシステムが今、必要なものだ。

 日本などのアジアだけでなく、欧米でも若い世代が農業や建設業に従事したがらない。こうしたシステムを導入すれば、入職のハードルを下げることができる。業界の少子高齢化に少しでも貢献できると考えている。(談)