全683文字
PR
4/1朝まで
どなたでも有料記事が読み放題「無料開放デー」開催中!
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 小田島組は、全国の土木工事を対象に現場写真整理サービス「カエレル」の提供を開始した。写真の整理・管理から出来形データの入力、電子納品データの作成まで引き受ける。

特徴

  • 撮影した写真データを専用パソコンに保存するだけでよい。小田島組のスタッフが写真や黒板の内容に沿って工種別に整理・管理する。
  • 現場経験が豊富なベテランとパソコン操作にたけた若手との専門チームで対応、支援する。
  • 撮り忘れを見つければ連絡する。

価格

基本料金1現場当たり10万円、写真整理料金1枚当たり150円(いずれも税抜き、写真整理料金は工事価格の1.5%が上限)

開発の背景
現役の建設会社の強みを生かす

小田島組 営業本部部長
菅原 好貢

 各建設現場では写真の整理が負担になっている。こうした作業を本社で一括して担おうと、数年前に自社の現場を対象に取り組み始めた。現場の技術者は工程管理や安全管理、発注者との協議などに専念できるうえ、残業時間を減らせる。

 この仕組みを社外に展開した。現場事務所のパソコンがインターネットにつながっていれば、サービスを提供できる。全国展開する建設会社からも依頼を受けるようになった。

 事前に秘密保持契約を結び、施工計画書などに基づいてフォルダーを用意。現場が撮影した写真を仕分ける。出来形の規格値と実測値なども整理する。

 必要な写真はそろっているか、施工状況写真として問題はないかなども確認する。現役の建設会社ならではのきめ細かなサービスを提供したい。(談)